読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこ元帥の中の人@リウマチ

日々の覚書など。ブログ名はオンラインゲームのアカウント名をいつも「ねこ元帥」にしているから。そして、2013年11月リウマチと診断されたとです。(2012年11月から時々手足に原因不明の痛みが発生、2013年9月以降は足の痛みが常態化、2013年12月30日からMTX服用開始、4月過ぎるころにはわずかの痛みが残る程度まで回復して現在に至る。)

Lubuntu 13.10 インストール(VAIO type P)

OSインストール

lubuntu | lightweight, fast, easier から`[Download lubuntu (Intel x86) desktop CD]`をダウンロードし、スタートアップディスクを作成

パーティション設定(LVM使用)

スタートアップディスクでブートし「インストールせずにLubuntuを試してみる」を選択する。
メニューから「アクセサリ」>「LXTerminal」を起動し、以下のコマンド操作でパーティションを作成する。

# パーティションツール起動
$ sudo parted

# パーティション種類設定(ディスク内容は全て削除)
> mklabel msdos

# サイズ指定のデフォルト単位変更
> unit MiB

# パーティション作成(/bootに256MiB割り当てて残りをLVM管理とする)
> mkpart primary ext4 0% 257
> mkpart extended 257 100%
> mkpart logical 258 100%

# フラグ設定変更
> set 1 boot on
> set 2 lba off
> set 5 lvm on

# パーティションツール終了
$ quit
# パーティションをLVM用に初期化
$ sudo pvcreate /dev/sda5

# ボリュームグループ作成
$ sudo vgcreate vg01 /dev/sda5

# 論理ボリューム作成
$ sudo lvcreate -L 20GiB -n root vg01
$ sudo lvcreate -L 4GiB -n swap vg01
$ sudo lvcreate -L 6GiB -n kdump vg01
$ sudo lvcreate -l 100%FREE -n home vg01
モデル: ATA SanDisk pSSD-P2 (scsi)
ディスク /dev/sda: 64.0GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: msdos

番号  開始    終了    サイズ  タイプ    ファイルシステム  フラグ
 1    1049kB  269MB   268MB   primary   ext4              boot
 2    269MB   64.0GB  63.8GB  extended
 5    271MB   64.0GB  63.8GB  logical                     lvm
LV Path LV Size ファイルシステム マウントポイント
/dev/vg01/root 20.00 GiB ext4 /
/dev/vg01/swap 4.00 GiB linux-swap (swap)
/dev/vg01/kdump 6.00 GiB (kdump)
/dev/vg01/home 29.37 GiB ext4 /home
インストール

「Lubuntu 13.10のインストール」を実行する。

インストールの種類で「それ以外」を選択し、ファイルシステムとマウントポイントを設定する。

OSセットアップ

パッケージ管理設定
  • パッケージ管理ツールをインストール
$ sudo apt-get install aptitude
  • パッケージ更新
$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude safe-upgrade
  • etc変更管理
$ sudo aptitude install git etckeeper
$ sudo vi /etc/etckeeper/etckeeper.conf
#VCS="git"
VCS="bzr"
  ↓
VCS="git"
#VCS="bzr"
$ sudo etckeeper init
作業環境設定
$ sudo mkdir /etc/X11/xorg.conf.d
$ cat <<EOT | sudo tee /etc/X11/xorg.conf.d/keyboard.conf
Section "InputClass"
    Identifier          "Keyboard Defaults"
    MatchIsKeyboard     "yes"
    Option              "XkbLayout" "jp"
    Option              "XkbVariant" "OADG109A"
    Option              "XkbOptions" "ctrl:nocaps"      # CapsLockをCtrlに変更
    #Option              "XkbOptions" "ctrl:swapcaps"    # CapsLockとCtrlを入れ替える
EndSection
EOT
  • 基本設定
$ sudo aptitude install ssh tmux vim
$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config
UseDNS no
  • リモート接続設定(RDP⇒VNC
$ sudo aptitude install xrdp xvfb
$ sudo vi /etc/xrdp/xrdp.ini
[xrdp1]
name=sesman-Xvnc
lib=libvnc.so
username=ask
password=ask
ip=127.0.0.1
port=-1
  ↓
port=5901
  • リモート接続設定(VNC
$ sudo aptitude install vnc4server
$ vnc4server && vnc4server -kill :1
$ vi ~/.vnc/xstartup
x-window-manager &
  ↓
#x-window-manager &
lxsession -s Lubuntu -e LXDE &
  • ホームディレクトリの日本語フォルダを英語にする
$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
日本語環境設定
$ sudo localedef -f SHIFT_JIS -i ja_JP ja_JP.SJIS
$ sudo vi /var/lib/locales/supported.d/ja
ja_JP.UTF-8 UTF-8
ja_JP.EUC-JP EUC-JP
ja_JP.SJIS SJIS
$ sudo locale-gen

パッケージインストール

管理用
  • パッケージファイル検索
$ sudo aptitude install apt-file
$ sudo apt-file update
  • サービス管理
$ sudo aptitude install sysv-rc-conf
  • 時刻管理
$ sudo aptitude install ntp
$ sudo vi /etc/ntp.conf
server 0.ubuntu.pool.ntp.org
server 1.ubuntu.pool.ntp.org
server 2.ubuntu.pool.ntp.org
server 3.ubuntu.pool.ntp.org
  ↓
server 0.jp.pool.ntp.org
server 1.jp.pool.ntp.org
server 2.jp.pool.ntp.org
server ntp.ubuntu.com
  ↓
server ntp.nict.jp
  • システム状態確認
$ sudo aptitude install sysstat
$ sudo vi /etc/default/sysstat
ENABLED="false"
  ↓
ENABLED="true"
$ sudo aptitude install dstat memstat eventstat
$ sudo aptitude install nicstat ifstat
$ sudo aptitude install vnstat tcpstat sockstat darkstat
$ sudo aptitude install iptstate
$ sudo aptitude install binstats
開発用
  • バージョン管理ツール
$ sudo aptitude install git-all gitstats tig
$ sudo aptitude install subversion cvs2svn statsvn
$ sudo aptitude install fossil sqlite3
$ sudo aptitude install bzr bzr-doc
$ sudo aptitude install mercurial
  • コード検索/集計
$ sudo aptitude install tree ack-grep global
$ sudo aptitude install diffstat
$ sudo aptitude install sloccount
$ sudo aptitude install openjdk-7-jdk openjdk-7-doc
$ sudo aptitude install scala scala-doc
$ sudo aptitude install erlang erlang-doc
$ sudo aptitude install haskell-platform haskell-platform-doc
$ sudo aptitude install nodejs nodejs-dev nodejs-dbg
$ sudo aptitude install lua5.2 lua5.2-doc
$ sudo aptitude install build-essential curl
$ curl -L https://get.rvm.io | bash -s stable --autolibs=enabled

$ rvm list known

$ rvm install ruby
$ gem update --system

# アップグレード
$ rvm get stable
  • ドキュメント生成ツール(sphinx
$ sudo aptitude install python-setuptools python-imaging
$ sudo aptitude install python-sphinx python-sphinx-issuetracker
  • ドキュメント生成ツール(texlive)
$ sudo aptitude install texlive
$ sudo aptitude install texlive-lang-cjk
$ sudo aptitude install xdvik-ja ptex-bin
その他(コマンドライン
$ sudo aptitude install p7zip p7zip-full
  • チャットツール
$ sudo aptitude install weechat
その他(GUI
$ sudo aptitude install gnucash libdbd-sqlite3
$ sudo aptitude install libreoffice libreoffice-l10n-ja libreoffice-help-ja
$ sudo aptitude install nautilus-dropbox
$ sudo aptitude install chromium-browser
$ sudo update-alternatives --config x-www-browser
⇒/usr/bin/chromium-browserを選択

おまけ

コンソール設定
$ sudo vi /etc/default/keyboard
XKBMODEL=""
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT=""
XKBOPTIONS=""
  ↓
XKBMODEL=""
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT="OADG109A"
XKBOPTIONS="ctrl:nocaps"            # CapsLock --> Ctrl
# XKBOPTIONS="ctrl:swapcaps"        # CapsLock <-> Ctrl
$ sudo dpkg-reconfigure -phigh console-setup
$ sudo aptitude install fbterm
$ vi ~/.fbtermrc
font-names=mono
font-size=12
  ↓
font-names=Ricty
font-size=16
  • 日本語入力メソッド、連文節変換エンジン
$ sudo aptitude install uim-fep uim-anthy
  • 日本語入力メソッド用の設定ファイル
cat <<EOS > ~/.uim
(define default-im-name 'anthy)
(define-key generic-on-key? '("<Control> " "\`"))
(define-key generic-off-key? '("<Control> " "\`"))
EOS