読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこ元帥の中の人@リウマチ

日々の覚書など。ブログ名はオンラインゲームのアカウント名をいつも「ねこ元帥」にしているから。そして、2013年11月リウマチと診断されたとです。(2012年11月から時々手足に原因不明の痛みが発生、2013年9月以降は足の痛みが常態化、2013年12月30日からMTX服用開始、4月過ぎるころにはわずかの痛みが残る程度まで回復して現在に至る。)

VirtualBoxにUbuntu 14.04 beta2 インストール

linux 環境設定

仮想マシン作成

Ubuntu (64bit)で仮想マシンを作成する。
f:id:neko-gensui:20140407222638p:plain

作成した仮想マシンの設定で「EFIを有効化」にチェックを付ける。
f:id:neko-gensui:20140407222654p:plain

VirtualBoxの「ファイル」→「環境設定」でディスプレイサイズを設定しておく。
f:id:neko-gensui:20140407222705p:plain

インストーラ実行

仮想CD/DVDディスクファイルの選択でインストーラのisoファイルを選択し、仮想マシンを起動する。
f:id:neko-gensui:20140407222714p:plain
f:id:neko-gensui:20140407222721p:plain

パーティション設定(LVM使用)

Ctrl+Alt+F1を押してコンソール画面に切り替える。

# パーティションツール起動
$ sudo parted

# サイズ指定のデフォルト単位変更
(parted) unit MiB

# パーティション種類設定(ディスク内容は全て削除)
(parted) mklabel gpt

# パーティション作成(efiシステムパーティションと/bootにそれぞれ256MiB割り当てて残りをLVM管理とする)
(parted) mkpart efi 0% 257
(parted) mkpart boot 257 513
(parted) mkpart volume 513 100%

# フラグ設定変更
(parted) set 1 boot on
(parted) set 3 lvm on

# パーティションテーブル確認
(parted) print
Model: ATA VBOX HARDDISK (scsi)
Disk /dev/sda: 61440MiB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: gpt

Number  Start    End       Size      File system  Name    Flags
 1      1.00MiB  257MiB    256MiB    fat32        efi     boot
 2      257MiB   513MiB    256MiB    ext4         boot
 3      513MiB   61439MiB  60926MiB               volume  lvm

# パーティションツール終了
(parted) quit
# パーティションをLVM用に初期化
$ sudo pvcreate /dev/sda3

# ボリュームグループ作成
$ sudo vgcreate vg01 /dev/sda3

# 論理ボリューム作成
$ sudo lvcreate -L 20GiB -n root vg01
$ sudo lvcreate -L 4GiB -n swap vg01
$ sudo lvcreate -l 100%FREE -n home vg01
LV Path LV Size ファイルシステム マウントポイント
/dev/vg01/root 20.00 GiB ext4 /
/dev/vg01/swap 4.00 GiB linux-swap (swap)
/dev/vg01/home 35.50 GiB ext4 /home

インストール

f:id:neko-gensui:20140407222757p:plain
f:id:neko-gensui:20140407222812p:plain
f:id:neko-gensui:20140407222826p:plain
f:id:neko-gensui:20140407222841p:plain
f:id:neko-gensui:20140407222852p:plain
f:id:neko-gensui:20140407222901p:plain
f:id:neko-gensui:20140407222917p:plain
f:id:neko-gensui:20140407222927p:plain
f:id:neko-gensui:20140407222942p:plain
f:id:neko-gensui:20140407222952p:plain
f:id:neko-gensui:20140407223003p:plain
f:id:neko-gensui:20140407223015p:plain
f:id:neko-gensui:20140407223026p:plain
f:id:neko-gensui:20140407223041p:plain
f:id:neko-gensui:20140407223058p:plain

ブート設定

再起動後にUbuntuが起動せずUEFIのシェルが表示される。
f:id:neko-gensui:20140407223317p:plain

FS0:\EFI\ubuntu に移動して grubx64.efi を実行する。
f:id:neko-gensui:20140407223451p:plain

Ubuntu起動したらコンソールで以下の操作を行う。

$ sudo mkdir -p /boot/efi/EFI/boot
$ sudo cp /boot/efi/EFI/ubuntu/grubx64.efi /boot/efi/EFI/boot/bootx64.efi

ubuntuインストールすると、UEFIから ubuntu/grubx64.efi を実行するように設定されるようだが、VirtualBoxでは設定が保存されずに、デフォルト設定の boot/bootx64.efi を実行しようとしているらしい。