読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこ元帥の中の人@リウマチ

日々の覚書など。ブログ名はオンラインゲームのアカウント名をいつも「ねこ元帥」にしているから。そして、2013年11月リウマチと診断されたとです。(2012年11月から時々手足に原因不明の痛みが発生、2013年9月以降は足の痛みが常態化、2013年12月30日からMTX服用開始、4月過ぎるころにはわずかの痛みが残る程度まで回復して現在に至る。)

Linux バックアップ設定

linux 環境設定

rsyncを使用してLinux DesktopのデータをLinux Serverにバックアップするようにした。
※Desktopを「ターゲット」、Serverを「バックアップサーバ」と呼ぶことにする。

rsyncでファイルをコピーする場合、ターゲットからバックアップサーバにpushする方法と、バックアップサーバからターゲットのデータをpullする方法があるが、以下の理由でpull方式とした。

  • ターゲット側のバックアップ用の設定を簡単にする
  • バックアップスクリプトをバックアップサーバ側で集中管理する

ssh設定(バックアップサーバ)

  • sshキー生成
$ sudo su -
$ ssh-keygen -f .ssh/backup -C backup
$ cp .ssh/backup.pub /tmp
  • 接続先設定
$ vi .ssh/config
Host brown
    HostName 192.168.0.2
    Port 22
    IdentityFile ~/.ssh/backup

Host orange
    HostName 192.168.0.3
    Port 22
    IdentityFile ~/.ssh/backup

ssh設定(ターゲット)

  • 接続先設定
$ vi .ssh/config
Host bkserver
    HostName 192.168.0.100
    Port 22
  • バックアップサーバからrootへのssh接続許可設定
$ scp bkserver:/tmp/backup.pub .
$ sudo mkdir /root/.ssh
$ sudo cp backup.pub /root/.ssh/authorized_keys
$ sudo chmod -R 700 /root/.ssh

バックアップ設定(バックアップサーバ)

$ sudo su -
$ mkdir -p /home/backups
$ ln -sf /home/backups
$ mkdir backups/brown
$ sudo vi backups/brown/doBackup


backup by rsync