読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこ元帥の中の人@リウマチ

日々の覚書など。ブログ名はオンラインゲームのアカウント名をいつも「ねこ元帥」にしているから。そして、2013年11月リウマチと診断されたとです。(2012年11月から時々手足に原因不明の痛みが発生、2013年9月以降は足の痛みが常態化、2013年12月30日からMTX服用開始、4月過ぎるころにはわずかの痛みが残る程度まで回復して現在に至る。)

ProGitの変更をPull Requestしてみる

git メモ

progitをforkしてcloneする

$ git clone git@github.com:tkmtmkt/progit.git

作業用ブランチ作成して移動

$ cd progit
$ git checkout -b develop

不具合箇所を修正する

$ cd ja

for f in $(ls */*.markdown)
do
  cat $f | sed -e 's/^図/Figure 図/' > $f.tmp
  mv $f.tmp $f
done

$ git status
# On branch develop
# Changes to be committed:
#   (use "git reset HEAD <file>..." to unstage)
#
#       modified:   01-introduction/01-chapter1.markdown
#       modified:   02-git-basics/01-chapter2.markdown
#       modified:   03-git-branching/01-chapter3.markdown
#       modified:   04-git-server/01-chapter4.markdown
#       modified:   05-distributed-git/01-chapter5.markdown
#       modified:   06-git-tools/01-chapter6.markdown
#       modified:   07-customizing-git/01-chapter7.markdown
#       modified:   09-git-internals/01-chapter9.markdown
#

⇒ファイルの変更箇所を確認/修正する。

$ git add .
$ git commit

fork元リポジトリを登録(名称:upstream)

$ git remote add upstream git://github.com/progit/progit.git

masterブランチの内容をfork元に同期させる

$ git checkout master
$ git pull upstream master

作業ブランチをmaster(fork元の最新状態)にrebaseする

$ git checkout develop
$ git rebase master develop

ローカルリポジトリの変更をGitHubにpushする

$ git push origin master
$ git push origin develop

Pull Request用のブランチ作成

$ git checkout develop
$ git checkout -b patch

差分を一つにまとめる

今回は元が一つしかないので不要な手順だが、試しにやってみた。

$ git rebase -i master

Pull Request用のブランチをGitHubにpushする

$ git push origin patch

GitHub上でPull Request実行

ここに書いてあった通りにやらせていただきました。

http://d.hatena.ne.jp/hnw/20110528

英語力の弱さが・・・(´・ω・`)