読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこ元帥の中の人@リウマチ

日々の覚書など。ブログ名はオンラインゲームのアカウント名をいつも「ねこ元帥」にしているから。そして、2013年11月リウマチと診断されたとです。(2012年11月から時々手足に原因不明の痛みが発生、2013年9月以降は足の痛みが常態化、2013年12月30日からMTX服用開始、4月過ぎるころにはわずかの痛みが残る程度まで回復して現在に至る。)

国府津→三島

国府津駅までJRで移動してから、昨日に引き続き東海道を歩いた。明日は朝からすぐに歩けるように、三島で宿泊することにした。

11:41 国府津駅出発(1時間18分)
12:59 小田原城 本丸茶屋で昼食(24分)
13:23 出発(2時間49分)
16:12 畑宿 茶屋で休憩(10分)
16:22 出発(1時間10分)
17:45 芦ノ湖で休憩(11分)
17:56 出発(36分)
18:32 道の駅箱根峠で休憩(9分)
18:41 出発(1時間36分)
20:17 休憩(4分)
20:21 出発(35分)
20:56 休憩(3分)
20:59 出発(1時間1分)
22:00 三島駅到着

小田原城天守閣は、昔バイクで来たときに登ったことがあるので、今回は登らなかった。本丸茶屋という店で冷しうどんとところてんを食べてすぐに出発。
箱根湯本の三枚橋までの1号線はすぐに歩道がなくなり、道路の右側と左側を何度も行き来して大変だった。箱根新道の出口近くでは、この先歩道がなくなるので反対側の迂回路を通れといったような内容が書かれた看板があったので、道路の反対側に移って歩いていたら、箱根新道出口のICにたどり着いてしまった。箱根に歩いてくるような物好きは少ないのだろう。地域住民ではない歩行者のことは全く考えられていないようである。
三枚橋から湯元茶屋あたりまでは、狭い道を前後から車が走ってきてかなり危なかった。その先もずっと歩道はなく、車が走ってくるといい気分はしなかったが、道はそれなりに幅があったので何とかなった。
須雲川探勝歩道から先、県道を外れて石畳を歩いた。時代劇で大名の参勤交代のシーンを見ることがあるが、箱根を越えるときに馬とか籠に乗ったままは無理だろうと思った。
芦ノ湖に着いたのは夕方で、箱根峠を越えたあたりで完全に暗くなってしまった。山に登るときにいつも準備しながら今まで一回も使ったことのなかったヘッドランプを、今回初めて使った。ランプがあっても歩きにくかったので、昔の人は夜道を旅することは無理だったろうなと思った。時代劇とかで忍者が夜道を駆け抜けているシーンとかあったりするけど、あれは無理ではないか?
三島の市街地の灯りが見え始めた頃には足がかなり痛くなっていた。宿を予約しておらず、調べてもいないのでとりあえず三島駅を目指して歩いた。駅近くのホテルにチェックイン。8/15〜8/17に三嶋大社の祭りが行われるようで、たくさんのテキヤがいたためホテルが空いてるか心配だったが大丈夫だった。彼らはホテルなどには泊まらないのだろう。

本日の歩数:60,258
GPSの記録

Total Time 10h 19m
Moving Time 8h 23m
Trip Odom 43.0km